2014年06月20日

視力回復手術でレーシック以外にはこんなのがある

eyekawamura.jpg

⇒ 詳細はこちらをクリック

視力回復手術の定番といえばレーシックですが
レーシック以外にも視力回復手術というのはあるものです。

例えばこの3つは代表的。

・レーザー屈折矯正角膜切除術(PRK)
・フェイキックIOL(有水晶体眼内レンズ)
・角膜実質内リング挿入法(ICRS)

ですね。

・レーザー屈折矯正角膜切除術PRK

これはレーザーで角膜表面を削る施術ですえん。
レーシックを受けられない人用ですが、レーシックよりも目に違和感があり
回復まで時間がかかるのがネックとしてあると言われます

・フェイキックIOL(有水晶体眼内レンズ)

これは目に特殊なレンズを移植するもので、永久コンタクトレンズなんて言われます。

角膜、虹彩の間に移植するものは前房型フェイキックIOLと言われ
虹彩と水晶体の間に移植するものは後房型フェイキックIOLと言われます。

使用レンズが異なります

近視だけでなく、遠視、乱視にも使えるのですが
レンズを摘出したり交換したりも出来ます

・角膜実質内リング挿入法

これは角膜にリングを入れて視力回復させるものですね。
フェイキックIOLのレンズと同様、入れたリングを外すと視力は居せば戻ります。

レーシックの微調整に使われる事もある手術となります


こういった手術に頼らずに視力回復するには
眼筋をピント調整の機能まで含めて回復させるというのが良いですね。

プラス、脳の認識機能を上げていく、と。
するとピント調整の精度も上がってきますし、脳が受け取る情報をきちんと
処理しようとしてくれるように働くので視力回復しやすいわけです。

川村明宏のジニアスeyeではそれが出来るので
やってみて視力回復できたという人も多いんですね。

気になる人は以下のリンク先をチェックしてみてください

⇒ 詳細はこちらをクリック

川村明宏のジニアスeyeのレビューや体験談などの情報を公開しています
posted by 川村明宏 ジニアスeye レビュー at 16:40| 川村明宏 ジニアスeye | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月02日

川村明宏 ジニアスeye レビュー

eyekawamura.jpg

⇒ 詳細はこちらをクリック

川村明宏のジニアスeyeをやってみた人がこんなレビューをしているのでご紹介

● 効果をあまり期待していなかったのですが
トレーニングをはじめて1週間経った日に、遠くの景色が
以前よりくっきり見える用になったのです

本当に嬉しくてたまりませんでした

何よりも人の顔が遠くからでも認識できるようになったのが大きいです


と、こんなレビューですね

川村明宏のジニアスeyeはこの方のレビューにもあるように
1週間程度ででも効果が出てきてるという人がいるのが特徴的。

テレビの文字がぼやけていたり、本を読むのにもメガネが必要だったのが
川村明宏のジニアスeyeをやったことでくっきり見えるようになってきた人は多いんですね。

これはなぜか、というと視力アップに必要な眼筋を鍛え直すことと同時に
脳の認識機能を上げることをやってるからですね。

視力って、脳の認識機能が低くなってると眼筋の働き以上に物を見えないと感じる状態にしてしまいます。

なので、これをトレーニングして鍛え直すことで元のくっきりした
映像を見えるような状態を作るんですね。

川村明宏のジニアスeyeではこれをやるので視力回復できている人が多いわけです

ただ単純な眼筋トレーニングとは違うわけです。

今回紹介したほかにもやってみた人のレビューを見れるので
気になる人は以下のリンク先をチェックしてみてください

⇒ 詳細はこちらをクリック




佐藤信雄 サトウ式視力回復術 体験談

佐藤信雄 サトウ式視力回復術 効果

出口隆 楽々!視力アップマニュアル 評価
posted by 川村明宏 ジニアスeye レビュー at 01:32| 川村明宏 ジニアスeye | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。